注染浴衣(反物)

日本ならではの伝統染色技法・注染で染められた浴衣反物。性別年代問わずお召しいただけます。

--------

商品名  注染浴衣(反物)

--------

価格   DOTS-L  ¥35,000(税抜)

     REN・EN ・FIREWORKS  ¥40,000(税抜)

--------

サイズ  幅 約39cm 長さ 約12m

--------

素材   綿100%  コーマ地

こちらのサイトで販売しているのは注染の浴衣反物。これは、100×35(手ぬぐい)と同じ注染工場で染め上げています。染色の工程は手ぬぐいとほぼ同じ。簡単に言えば、手ぬぐいは最後に必要な長さに裁断しますが、それを切らずに約12m巻き上げたものが、浴衣の反物ということになります。もちろん生地は手ぬぐいとは異なります。手ぬぐいよりも幅が広く(約40cm)、しっかりと密度のある木綿地です。型紙を使い、1mほどの長さの柄を繰り返し染めることで、反物全体に柄をほどこしています。注染浴衣の魅力は、表裏が同じように染まっているため(注染の特徴)、歩行の際に裾がめくれたときなど、ちらりと見えた裏側も美しいということ。もちろん、手ぬぐい同様に吸湿性もよく、夏のカジュアルウェアとしてご自宅でのお洗濯も気軽にできるということも、大きなポイントかもしれません。

 

さらには、仕立てる際に、生地を裏返したり反転したりして、自由に柄合わせを楽しめるという点も注染だからこその利点。反物からご自身でお仕立てする場合は、柄の合わせ方はご自由にとお任せしていますが、こちらでお仕立てまで承る場合は、高橋の考える最善の柄合わせで縫い上げています。生地の長さ内で調整可能な範囲であれば、如何様にも柄を動かせるのが注染浴衣ですが、高橋の注染浴衣は、最初からしっかりと仕立て上がりをイメージし、これと決めた柄合わせをしています。 (ご自身でお仕立てされる方にも、ご希望の場合は、高橋の考える柄合わせについてご説明いたします)

 

これまで、浴衣を仕立てる前提で反物のお話をしてきましたが、この反物から浴衣以外のものを作ることもできます。シャツやポーチ、ランチョンマットやのれんにしてもよいかもしれません。しっかりとした木綿地で、はじめのうちは糊がきいているのでぱりっとかたい印象ですが、何度も洗濯してなじんでくると柔らかな風合いに変化していきます。昔は、浴衣の生地が少し痛み始め、風合いが柔らかくなった頃、それを赤ちゃんのおしめにリユースしたそうです。くたくたボロボロになっても、雑巾としての役目は果たせるかもしれません。材料を作る人、道具を作る人、それを使って染める人、そして高橋がデザインをする。いろいろな人の手によって生み出された反物です。土に帰るまで、思いっきり使ってもらえたら嬉しいです。

 

--------

洗濯の際、色落ち、色移りの可能性がございますので、単独でお洗いください。水につけたまま放置しますと、にじみ出た染料で、白場が汚染することがあります。ご自身でお手入れの際、浴衣を浸けた水が染料で変化した場合は、流水で押し洗いし、タオル等で挿んで水気を十分に取ったあと、速やかに干してください。着物用ハンガーや物干ざおに掛けて頂くと、白場を汚染すること無く乾燥させることが出来ます。ドライクリーニング、タンブラー乾燥はお避けください。ご自宅でのお洗濯がご心配な方や、長期保管の場合は、専門店にお出しすることをお薦めします。

--------

※商品の色味は、お客様がお使いのモニターや環境設定によって、多少異なる場合がございます。

※お仕立てに関するご質問など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、よくあるご質問に関しましては、ブログに掲載しております。