両サイドの大きな図柄を境に、フロントはボーダー
バックはドットのパターンになっています

 

配置された図柄は3色でプリントされています

 

 

HIROCOLEDGE&Co. for steteco.com[Momo-hiki]

 

インナーウェアとしてだけではなく、新しい視点でステテコを捉え、ステテコを知らない方にまで興味を持ってもらおうと試みているsteteco.comからお声がけいただき、一緒にもの作りを始めたのは2010年の春頃。もう、3年近いお付き合いになります。

※ steteco.com(ステテコ研究所)は、1938年創業のインナー・リラクシングウェアメーカーである株式会社アズが運営しています。

 

この取り組みの中で、最も注目したのはsteteco.comがオリジナルで作っている素材の良さ。ステテコには楊柳(ようりゅう/綿クレープ)。モモヒキにはシルク混のカットソー。そこに、シルクスクリーンで柄を染め上げ、仕立てる工程もすべて細かく管理しているからこそのクォリティーの高さに、一緒にもの作りをすることへの期待が高まりました。

 

モモヒキと聞くと、冬の防寒用インナーというイメージが強いですが、steteco.comのMomo-hikiは、春夏でもレギンスとして身につけたくなるほど肌触りの良いアイテムです。インナーとしてはもちろんのこと、ショートパンツやワンピースとコーディネイトしたり、サイクリングやジョギングの際などに身に付けていただいたりと、人それぞれ様々なシーンで楽しんでいただいているとのこと。

 

私が手がけたモモヒキは、円と直線の図柄が両サイドに大きく施されています。カットソーは伸縮性を持った扱いづらい素材ですが、その技術の限界に挑戦していただきました。型紙に合わせて柄を配置した版によって生地にプリントし、その柄に合わせて裁断、縫製を行なうことは、steteco.comの持つ生産技術を最大限に活かすことに繋がったと感じています。

 

身に付けると、まるでボディペイントをしたかのように、私の図柄が立体的に浮かび上がるモモヒキになりました。

 

高橋理子