鮮やかで特徴的なカラーの内張り。蛍光ピンクの革を使用。

 

 

LEATHER SERIES

円と直線からなるモチーフを牛革に表現した、下町生まれの財布です。
--------
商品名 
LONG WALLET / FOLDING WALLET(PRINT)
LONG WALLET / CARD CASE(EMBOSSE)
--------
サイズ
PRINTED LONG WALLET      閉じた状態で 20cm×10.5cm×厚み2.5cm
PRINTED FOLDING WALLET   閉じた状態で 11.4cm×9.3cm×厚み2.8cm
EMBOSSED LONG WALLET      閉じた状態で 20cm×10.5cm×厚み2.5cm
EMBOSSED CARD CASE   閉じた状態で 11cm×7.8cm×厚み2cm
--------
価格
PRINTED LONG WALLET  ¥35,000(税抜) 
PRINTED FOLDING WALLET  ¥28,000(税抜)
EMBOSSED LONG WALLET  ¥38,000(税抜) 
EMBOSSED CARD CASE  ¥16,000(税抜)
--------
素材
表:牛革(プリント) 裏:牛革(一部レーヨン100%) 付属:牛革

 

全国各地のさまざまなメーカーや職人ともの作りを続けていますが、その中でも、高橋理子押上スタジオに最も近い工場で作っているのがこのレザーウォレットです。墨田区周辺は皮革産業が盛んな地域で、墨田区の工場で牛革を加工し、台東区の工場で柄を施して、最後は、墨田区にまた戻り、財布専門の職人が仕立て上げています。スタジオと工場の距離が近いので製作する職人と頻繁に顔を合わせ綿密なコミュニケーションを取る事ができるので、より完成度の高いもの作りが可能になるという大きなメリットもあります。

 

白い牛革は、表面の色が影響してグレーがかったものが多いのですが、このウォレットシリーズは白さにこだわったオリジナルの革作りからはじめました。結果、少しだけ生成りがかった理想のやわらかい白の革となりました。 

 

それ以外にも、開けると目に飛び込んでくる蛍光ピンクの内張も特徴です。しかし、この派手さとは裏腹に、形状はとてもシンプル。機能的で使い勝手の良いウォレットです。

 

毎日使うものだからこその、機能性と刺激が同居した、下町生まれのレザープロダクトです。

 

--------

※商品の色味は、お客様がお使いのモニターや環境設定によって、多少異なる場合がございます。

※天然素材を使用しているため、色むらやスレ等がみられる場合がございます。過剰な摩擦によりプリントがはがれる場合がございます。

※修理のご相談も承っております。