お取り扱い上のご注意

100×35(手ぬぐい)/SLEEVE BAG/注染浴衣反物のお取り扱いについて

100×35(手ぬぐい)/SLEEVE BAG/注染浴衣反物は、日本伝統の「注染(ちゅうせん)」で染められています。古くから浴衣や手ぬぐいを染める技法として親しまれてきた注染は、型染の一種で、手彫りの型紙の上から防染糊を引き、柄の部分に染料を注ぐことから、注ぎ染などとも呼ばれています。プリントとは異なり、布地の両面が同じように染め上がるのが特徴です。染色時の気温や湿度による多少の色むらや、滲みなどがある場合がございます。色により堅牢度が異なり、洗濯の頻度及び洗剤の種類(中性洗剤推奨)により退色する場合がございますが、同時に生地の風合いもやわらかくなっていきますので、色合いの変化とともに昔ながらの注染染めの風情をお楽しみください。

Back printed T-shirtのお取り扱いについて

お洗濯の際は、塩素系漂白剤の使用はお避けください。型くずれ防止のため、製品をネットなどに入れ、手洗いコースなどで単独洗いすることをお勧めします。洗濯により生地が縮む場合がございます。洗濯後のタンブラー乾燥、プリント部分へのアイロン掛けは、お避けください。
※蛍光色(蛍光ピンク、蛍光イエロー)は、洗剤の性質によって大きく退色する場合がございますのでご注意ください。

Fukusuke×more trees SOCKSのお取り扱いについて

お洗濯の際は、塩素系漂白剤を使用せず、すすぎ洗いを充分してください。濃色のものと淡色のものを一緒に洗うと色移りする場合がございますのでご注意ください。洗濯後のタンブラー乾燥を避け、口ゴム部を上にして陰干ししてください。

GAUZE STOLEのお取り扱いについて

お洗濯の際は、製品をネットなどに入れ、手洗いコースなどで単独洗いし、形を整え平らな状態での陰干しを推奨します。また、タンブラー乾燥はお避け下さい。爪やバッグの金具、アクセサリー等の引っ掛けにご注意ください。

KELP STOLEのお取り扱いについて

素材の性質上、摩擦や長期の連用により毛並みが乱れたり毛玉ができたりすることがあります。また、爪やバッグの金具、アクセサリー等の引っ掛けにご注意ください。このストールはご自宅でお洗濯が可能です(中性洗剤をご使用ください)。ヒダを整えた状態で軽く押し洗い後、バスタオル等に挟んで脱水し、形を整え平らな状態での陰干しを推奨します。

LONG WALLETのお取り扱いについて

天然素材を使用しているため、多少の色むらやスレ等がみられる場合がございます。過剰な摩擦によりプリントがはがれる場合がございます。内側ファスナーは、引き手部分をファスナーに沿わせ、中央向きに寝かせていただくことで、外側のファスナーと引き手が接触することなく、スムーズに開閉していただくことが可能です。

TABLE LIGHTのお取り扱いについて

シェード部分はパチカ紙製のため、大変繊細にできております。シェード着脱やご使用の際にはご注意ください。

TAKAHASHI HIROKO for FRED PERRYのお取り扱いについて

お洗濯の際は、塩素系漂白剤の使用はお避けください。型くずれ防止のため、製品をネットなどに入れ、手洗いコースなどで単独洗いすることをお勧めします。洗濯により生地が縮む場合がございます。洗濯後のタンブラー乾燥、プリント部分へのアイロン掛けは、お避けください。
※蛍光色(蛍光ピンク、蛍光イエロー)は、洗剤の性質によって大きく退色する場合がございますのでご注意ください。

PIERCED CHANDELIER EARRINGSのお取り扱いについて

お肌に異常があるときやお肌に合わない時は、ご使用にならないでください。また、ピアスのフック部分は大変繊細にできております。髪などに引っかけますと変形する恐れがございますのでご注意ください。

今治タオルのお取り扱いについて

綿本来の吸水性のある柔らかさを持続させ、洗濯時に柔軟剤を加えなくても痩せて硬くなりにくいタオルづくりを追究している今治タオル。柔軟剤を使用すると水分を吸収しにくくなりますので、硬くなってきたと感じるまではお使いにならず、自然の風合いをお楽しみください。パイル糸を引っ掛けてしまった場合は、引っ張らずに、カットしてください。カットしてもほつれてしまうことはありません。

江戸扇子のお取り扱いについて

天然素材の竹と紙で作られておりますので、長期間使わない場合は、購入時に付いていた紙の帯でしっかりと留めて保管してください。湿気や温度の差で、紙の折り目が緩んだり、骨が変形したりするのを防ぎます。扇面は紙製のため、水濡れにご注意ください。

水うちわのお取り扱いについて

水に強い水うちわですが、長時間水に浸けたまま放置すると白濁いたします。また、表面に塗られた天然のニスは、アルコールで溶解しますのでお取り扱いにご注意ください。